マガジンのカバー画像

【厳選】国語力を高める100冊

11
「国語力向上」のために有意義な書籍を紹介しております。受験生・保護者様・学生・社会人・教育関係者の方々など、多くの方々にとって気軽に読めるをコンテンツを目指しております。改めまし… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

【国語力を高める100冊】 #11「近代」/『近代性の構造』今村仁司 講談社選書…

みなさんは、「近代」にどのようなイメージをお持ちでしょうか。生徒にこの質問をすると、「自…

7

【国語力を高める100冊】 #10「教養」/『教養としての大学受験国語』石原千秋 ちく…

大学入試で出題される評論文は、基本的には、「である」調で書かれています。#4「話す」(『…

21

【国語力を高める100冊】 #9「論理」/『自然論理と日常言語』山梨正明 ひつじ…

いつの頃からか、国語は論理の科目だと言われるようになりました。学習指導要領の改定により、…

26

【国語力を高める100冊】 #8「要約」/『大人のための国語ゼミ』野矢茂樹 筑摩…

清水義範の『国語入試問題必勝法』(講談社文庫)は受験国語を揶揄した風刺小説ですが、その登…

20

【国語力を高める100冊】 #7「理解」・西林克彦『わかったつもり』/光文社新書

どの科目でもそうですが、「わからない」ことを「わかった」状態に変えることは大事なことです…

17

【国語力を高める100冊】#6「論旨」/『議論入門』(香西秀信 ちくま学芸文庫)

東京大学の国語試験の第1問(現代文)には、120字の記述問題(問4)があります。今回は、東大…

33

【国語力を高める100冊】 #5「聞く」/『対話の技法』(納富信留 笠間書院)

前回は、「話す」こと(【国語力を高める100冊】 #4「話す」/『日本語からの哲学』(平尾昌宏 晶文社))について書きました。 当然ながら、対話は、相手の話を聞く人がいなければ成立しません。というわけで、今回は、「聞く」ことについて考えてみたいと思います。 「聞く」ことは、あまりにも日常的な行為のために、なかなか考察の対象にならないものですが、「聞く」を分節してみると、いくかの段階があることに気づきます。「聞く」とは、相手の音声を単に聴覚に響かせることではなくて、相手の話を

【国語力を高める100冊】 #4「話す」/『日本語からの哲学』(平尾昌宏 晶文社…

 Y-SAPIXでは、「リベラル読解論述研究」という議論型の授業があります。この授業では、受講…

29

【国語力を高める100冊】 #3「書く」/『日本語作文術』野内良三 中公新書

多くの生徒にとって、書くことの難しさは小論文で経験することになります。小論文の授業では、…

31

【国語力を高める100冊】#2「読む」・石黒圭『「読む」技術』/光文社新書

脳科学の視点から、読書と脳との相互作用の関係を生き生きと描いたみせたメアリアン・ウルフの…

41

【国語力を高める100冊】 #1「考える」/『ライティングの哲学』千葉雅也,山内朋樹,…

国語力を伸ばすには、考える力が必要です。国語教育において、「読む力」や「書く力」をいかに…

110