見出し画像

【2024合格体験記】東京理科大学 理学部 応用化学科 合格 S.S.さん

東大・京大・医学部などの難関大学の現役合格を目指す進学塾Y-SAPIXです。

2024年度入試もY-SAPIXから数多くの生徒が見事合格を果たしました。生徒から届いた喜びの声の一部をご紹介します。


【2024合格体験記】
東京理科大学 理学部 応用化学科 S.Sさん
三田国際学園高等学校
(SAPIX小学部 お茶の水校卒業)

遠慮せずに質問するべき!

Y-SAPIXは祝日や長期の休み期間を問わず同じ曜日・時間に授業があるので、勉強のリズムを崩さずに過ごすことができました。また授業は繰り返し学習して身に付けていく形なので、忘れてきた頃にもう一度学び直すことができ、記憶に定着しやすいです。そのため、学校の定期試験では試験範囲を少し復習するだけで高い評定を取ることができました。

また、オンラインで自宅から気軽に質問や自習ができるオンラインスクエアは学力向上に役立ちました。考えても分からない問題は、すぐにオンラインスクエアを使って質問していました。特に化学は同じ先生に最後まで教えてもらっていたので、その先生の解き方以外ではすっきり理解できず、分かるまで質問していました。そのおかげで、初見の問題でも解法に戸惑うことなく、素早く正確に解くことができるようになりました。一方、数学はいろいろな先生に質問し、さまざまな角度から解けるように心掛けていたことが合格につながったと思います。

■Y-SAPIXの良いと思うところ

化学のテキスト・授業が特に良かったと思います。テキストは前半に内容解説があり、しっかりと読み込むことで流れをつかむことができ、授業と合わせて深い理解を得られます。テキストを完璧にすれば十分な実力がつきます。

■受験勉強を振り返ってみて感じたこと

最も重要なのは入試情報を知ることだと実感しました。各大学にさまざまな入試があり、必要な教科、評定・資格が異なるのでしっかり調べるのが大切です。評定は高1から求められるので、早くから確認しておくと良いと思います。

■後輩へのメッセージ

大学について細部まで丁寧に調べよう!
大学のリサーチを早い段階で行いましょう。リサーチとは、必要科目・評定などの入試方式、学部の研究室や就職率あるいは学会での実績などの卒業後のこと、またキャンパスの場所や講義のスケジュールなど、大学を細部まで調べるということです。目指す意志に芯がなく大学名や偏差値だけで決めてしまうとリスクが大きいので止めた方が良いです。リサーチした後はゴールからの逆算で計画を立てましょう。1週間ごとの計画を立てるのがおすすめです。


■2024年度入試
第13期 在籍者数107名の合格実績

■ほかにも合格体験記を収録中!

■東大館(代々木)/お茶の水校/自由が丘校
/吉祥寺校/大船校/西船校/オンライン校 東日本・西日本

■大学入試の最新情報を無料でお届けします!

■大学受験の総合情報サイト
→ぜひホーム画面に追加してご確認ください!

■大学受験、決めるなら。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Y-SAPIXでは、大学受験に関する情報を発信しております。週ごとの定期配信で、お手軽に情報を入手したいという方は、こちらのボタンから「メルマガ会員登録(無料)」へお進みください!