見出し画像

【2024合格体験記】東京工業大学 情報理工学院 合格 A.S.さん

東大・京大・医学部などの難関大学の現役合格を目指す進学塾Y-SAPIXです。

2024年度入試もY-SAPIXから数多くの生徒が見事合格を果たしました。生徒から届いた喜びの声の一部をご紹介します。


【2024合格体験記】
東京工業大学 情報理工学院  A.S.さん
東京工業大学附属科学技術高等学校
(SAPIX中学部 高田馬場校卒業)

人生の恩師Y-SAPIX

私は総合型選抜で受験して合格しました。そこで重要になったのは共通テストと情報分野に関する活動実績でした。

一番大変だったのは学校の課題研究と受験勉強の両立です。私の場合、高3の10月頃まで研究を続けていて、学力の面では周りに大きく後れを取ってしまっていました。しかし、Y-SAPIXの先生はなかなか危機感を持てなかった私を鼓舞してくださり、受験本番に間に合うように何度も勉強計画を一緒に考えてくださいました。また、受験校の相談にも何度も応じてくださいました。そのおかげで共通テストでは合格基準点を超えることができ、面接や併願校の試験にも安心して挑むことができました。

Y-SAPIXで勉強したという自信、いつも後ろにY-SAPIXの先生方がついてくださっているという安心感が、合格につながったのだと確信しています。

■Y-SAPIXの良いと思うところ

少人数制だからこそ可能な双方向の授業が良かったです。長時間の授業も楽しみながら受けることができました。また、先生が生徒一人一人に親身になってくださり、授業以外でも的確なアドバイスをくれて頼もしかったです。

■受験勉強を振り返ってみて感じたこと

先生に勧められて個別指導を受けるようになってから、苦手分野の理解度がぐんと上がりました。もっと早くから個別指導や添削を利用し、自分から積極的に質問にいけば良かったと少し後悔しています。

■後輩へのメッセージ

自分に合った入試方式を
受験校を探す中で気付いたことは、自分の得意を生かせる入試方式が必ずあるということです。学力的に無理だろうと考えていた大学でも、得意科目を利用して受験できる入試や得意科目の配点が高い入試など、探すと意外と見つかります。私は高校での研究を生かすことができる総合型選抜に辿り着き、高1の時から第一志望だった大学の合格をつかむことができました。もし行きたい大学があるなら、まずはよく調べてみるのが良いと思います。


■2024年度入試
第13期 在籍者数107名の合格実績

■ほかにも合格体験記を収録中!

■東大館(代々木)/お茶の水校/自由が丘校
/吉祥寺校/大船校/西船校/オンライン校 東日本・西日本

■大学入試の最新情報を無料でお届けします!

■大学受験の総合情報サイト
→ぜひホーム画面に追加してご確認ください!

■大学受験、決めるなら。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Y-SAPIXでは、大学受験に関する情報を発信しております。週ごとの定期配信で、お手軽に情報を入手したいという方は、こちらのボタンから「メルマガ会員登録(無料)」へお進みください!