見出し画像

【解法解説】2024年度 慶應義塾大学 小論文

2024年度(令和6年度)慶應義塾大学の小論文(経済学部・法学部)について、現役生対象の大学受験塾Y-SAPIXが徹底分析しました。


経済学部

小論文 試験時間60分
※2025年度入試から試験時間が70分に変更になります。

求められる力

高校生にふさわしい知識、理解力、分析力、構想力、表現力が問われます。高等学校の特定の教科とは直接に関わりません。

出典
加藤周一『読書術』岩波書店、1993年

テーマ
現代社会科学における「問題設定」および「アプローチの仕方」

設問
A 課題文の内容理解に関する理由説明問題(200字以内)
B 意見論述問題(400字以内)

解法分析

課題文は自然科学者、社会科学者、哲学者・文学者のそれぞれの読書の仕方について、研究分野の特性をもとに書かれた文章。
設問Aは、自然科学的な進歩と哲学・文学の発展が異なる理由についてまとめるもの。長々と書かれた本文の全体から、答案にふさわしい内容を適切に抽出してまとめる能力が求められます。その点で200字という字数制限は厳しいものと言えるでしょう。
設問Bは、社会科学者の読書傾向の理由について説明した上で、自身が社会科学者ならば、どのような問いを、どのように立て、どのように検証するか、具体的な問いを挙げながら書くもの。社会学者の読書傾向の理由については課題文を手がかりに自分なりに考えます。また、社会科学に関する問いを立てるのには時間がかかるかもしれませんが、自らが社会学者として問いを立て、その検証や探究の仕方を書くというだけではなく、前半でまとめた社会科学者の読書傾向を踏まえて検証や探究の仕方を考える必要があります。課題文の内容を踏まえた上で自分なりに考えて書かなければならず、また求められる要素も多いため、400字という字数制限の中で十全な答案を書ききる表現力を身につけることが不可欠となります。

法学部 

論述力 試験時間90分
※2025年度入試から名称が「小論文」に、試験時間が60分に変更になります。

求められる力

国家や社会の基本原理を中心とした諸問題について、高校卒業程度の知識を前提に、理解力、分析力、思考力、表現力が問われます。論述形式で解答させます。資料やキーワードが与えられる場合があります。

出典
モーリス・クランストン著、山下重一ほか訳『政治的対話篇』(みすず書房、1973年)

テーマ
近代社会の自由と民主主義について、その意義と課題

設問
意見論述問題(2か所 各500字以内)

解法分析

Ⅰは、暴力を伴う革命も正常な政治の一部分だとするペインの見解に対する賛否とその理由を述べるもの。賛成の場合は、支配者と被支配者は対等ではなく、支配者の方に力が集中しているため、現状を変えるためには暴力も必要悪として認められるという方向性が考えられます。反対の場合は、暴力を暴力で制することの問題点を突いた上で、現状を改善するために暴力ではない別の手段を提示する必要があります。なお、要約の必要はありませんが、課題文前半で触れられている「自由」と絡めて論じられるとよかったでしょう。また、Ⅱも同じ立場から論述しなければならない点には注意をしておきたいところです。

Ⅱは、いわゆる多数者の専制の問題に関して自身の意見を述べるもの。バークに賛同する場合は、たとえば衆愚政治(無知なる民衆による政治)の例を挙げて民主主義の欠点を論じるといった方向性が考えられますが、民主主義の否定に終始してしまうと採点官の心証がよくないでしょう。そのような民主主義の問題点を踏まえた上で、どのようにそれを克服するかを論じるとよいでしょう。バークに反対の場合も、単純な民主主義礼賛に陥ることなく、民主主義が成立する条件や仕組みについて分析する必要があります。なお、必ずしも「バークに反対」=「ペイン、ウルストンクラフトに賛成」というわけではなく、独自の第三の立場から各々の主張への賛否を述べても結構です。

ⅠとⅡの両者に通底するテーマとしては「自由と統治の関係」があります。社会の授業を通じて近代の社会原理について理解を深めておくと、こうした問題には取り組みやすくなるでしょう。


■2024年度入試
第13期 在籍者数107名の合格実績

🌸現役合格を果たした先輩からメッセージ(一部)🌸

■東京大学・理科二類
…私は中1からY-SAPIXに通い始めました。スタッフの方々は、大学受験はまだ先のことと考えていた私に「東大」の魅力や「理科」の楽しさを教えてくださいました。…

■東京大学・文科三類
…私は中学生の時、到底東大を目指すレベルではありませんでした。しかし、Y-SAPIXに入室してから大学受験という現実がクリアになり、学校の定期テスト直前には猛勉強を重ね、成績も大きく向上しました。…

■一橋大学・商学部
…Y-SAPIX の少人数制対話型授業は解説を聞くだけの授業に退屈してしまう私にはぴったりで、疲れている時でも集中力を保って楽しく学習することができました。…

\合格実績の詳細とメッセージの詳細はコチラ/

■共通テスト《国語》の解説記事

■大学入試情報を無料でお届けします!

■東大入試について、もっと知りたい方へ


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Y-SAPIXでは、大学受験に関する情報を発信しております。週ごとの定期配信で、お手軽に情報を入手したいという方は、こちらのボタンから「メルマガ会員登録(無料)」へお進みください!