合格体験記2022 #3【福島県立医科大学 医学部 医学科】
見出し画像

合格体験記2022 #3【福島県立医科大学 医学部 医学科】

大学受験 Y-SAPIX

2022年度入試もY-SAPIXから数多くの生徒が見事現役合格を果たしました。生徒から届いた喜びの声の一部をご紹介します。

福島県立医科大学 医学部 医学科  N.T.さん(成城高等学校)

先生との対話が知識を深めてくれました

私は中学3年生からY-SAPIXに入室しました。それまでは勉強習慣や学習法というものを身につけていなかったので、どのように勉強すれば良いのかわかりませんでしたが、Y-SAPIXの先生やインストラクターの方々に相談・質問することで、志望校までの合格の道のりを描き出すことができました。
例えば、英語は中学からかなり苦手で特に長文読解で苦労しましたが、先生の助言により英単語の習得から始め、最終的に英検®(※注)準1級を取得するまでに至りました。他にも化学や物理の授業では、数々の公式や問題の原理、背景まで丁寧に教えてくださり、共通テストで9割以上の点数を取ることができました。
Y-SAPIXの授業が少人数制で、気軽に先生に相談や質問がしやすかったからこそ、さまざまな疑問を解消することができ、確かな学力を身につけられたと思います。

■Y-SAPIXの良いと思うところ

先生やインストラクターの方々との距離が近いことが良いところです。大人数で授業が行われる予備校などと違って、少人数であるがゆえに授業で感じた疑問をすぐに質問して解決できるので、正しい知識を得られるチャンスを見逃すことがない環境だと思います。

■受験勉強を振り返ってみて感じたこと

受験を通して、いろいろな視点から自分の立ち位置を把握することが重要だと思いました。学校の定期考査の結果のみで学力を判断するのではなく、Y-SAPIXの授業や周りの受講生とも比較しながら自身の学力を確かめることで、弱点や苦手をより正確に見つけられると思います。

■後輩へのメッセージ

勉強する時は、友人と一緒に勉強することが最も効率的だと思います。例えば、ただ単調にノートに英単語を書いていくよりも、友人とその英単語の問題を出し合う方が、より印象強く記憶に残るはずです。実際私は、教室で同じ英語の参考書を使っていた友人と単語の意味を当てる問題を出し合うことで、ゲーム感覚で楽しく覚えることができました。同じように、先生やインストラクターの方にも積極的に質問したり相談したりすることが、知識の定着に役立つと思います。

「英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。」

※注

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Y-SAPIXでは、大学受験情報を発信するため、様々な情報誌を制作しております。ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

大学受験 Y-SAPIX
難関大学の現役合格を目指す、高校生と中高一貫校に通う中学生のための進学塾、Y-SAPIX(ワイサピックス)です。 最新の大学入試情報などの大学受験に関わることや、大学紹介、勉強方法などを発信していきます。