合格体験記2022 #15【東京都立大学 システムデザイン学部 航空宇宙システム工学科】
見出し画像

合格体験記2022 #15【東京都立大学 システムデザイン学部 航空宇宙システム工学科】

大学受験 Y-SAPIX

2022年度入試もY-SAPIXから数多くの生徒が見事現役合格を果たしました。生徒から届いた喜びの声の一部をご紹介します。

東京都立大学 システムデザイン学部 航空宇宙システム工学科  F.T.さん(都立小石川中等教育学校)

”苦手”と同じくらい”得意”にも力を!

基本的に「受験勉強」は高負荷で多大なストレスがかかるものだと思います。大学受験というマラソンを完走するためには、対ストレスと体力調整が必須です。僕は比較的飽きやすい性格であるため、最後には息切れしてしまうと思い、高3の夏頃までは軽いメニューや基礎固めに注力し、夏以降に全力を出す計画で勉強を進めました。
また、学び方や努力の方法は人によりけりですが、大抵は苦手な科目や単元に注力しがちだと思います。しかし僕の場合は、得意分野も同じくらい時間をかけて勉強していました。苦手を埋めるのは大事なことですが、他人よりも得意な分野があるというのは自分を安心させてくれますし、放っておくと他人に並ばれてしまうかもしれません。終盤になると誰しも不安が募りますが、僕にとっては得意分野があることがモチベーション維持につながりました。苦手科目を特訓するよりも得意分野を勉強することがプラスになったと思います。

■Y-SAPIXの良いと思うところ

数学のテキストとカリキュラムは素晴らしいものだったと思います。どの単元内容をとっても、類題の量と形式の種類のバランスが良かったです。基礎内容に対するフォローと単元内の世界を広げてくれる発展問題は、数学をより好きになれた要因だと思います。

■受験勉強を振り返ってみて感じたこと

進路担当の先生が、現役生は最後まで伸びる!と激励してくださっていたのですが、本当にそうだな、と実感しました。実際、入試本番が近づけば近づくほど成績の伸び率が上がっていき、2次試験前日には初めて勉強が楽しいと思えたほどでした。

■後輩へのメッセージ

共通テストを受験した後の志望大学のリサーチ結果はE判定でした。そのため、内心浪人を覚悟して入試に挑みましたが、案外合格できるものです。周りにも僕と同じ境遇の友人がいます。リサーチ結果は良い判定であれば素直に良かったと喜び、悪かったとしても気にしないといったような、新年のおみくじ感覚でも良いのではないでしょうか。なんといっても「現役生は当日まで伸びる」です。気張りすぎないでくださいね。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Y-SAPIXでは、大学受験情報を発信するため、様々な情報誌を制作しております。ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

大学受験 Y-SAPIX
難関大学の現役合格を目指す、高校生と中高一貫校に通う中学生のための進学塾、Y-SAPIX(ワイサピックス)です。 最新の大学入試情報などの大学受験に関わることや、大学紹介、勉強方法などを発信していきます。