合格体験記2022 #1【東京大学 文科三類】
見出し画像

合格体験記2022 #1【東京大学 文科三類】

大学受験 Y-SAPIX

2022年度入試もY-SAPIXから数多くの生徒が見事現役合格を果たしました。生徒から届いた喜びの声の一部をご紹介します。

東京大学 文科三類  T.M.さん

今まで支えてくださりありがとうございました

私は高2のとき高校と折り合いが悪くなり学校生活を思うように送ることができず、高3の1年間はひたすら受験勉強に専念していたこともあり、常に重圧を感じていました。秋頃にはさらなるプレッシャーから体調が不安定になり、数週間勉強できない時期もありました。あまりのつらさに受験をやめてしまいたいと何度も思いました。
しかし、Y-SAPIXの先生方が私の答案を何度も添削してくださったことや、模試の結果を一緒に見て勉強法を考えてくださったこと、成績などに関して不安が解消されるまで何度も相談に乗ってくださったこと、そしてそんな先生方に支えられながら積み上げた自分の努力を思うと、最後まで頑張ろうと思うことができました。
今振り返ってみると、成し遂げたいことがあって、それを支えてくださる方がいたということは本当に幸せなことだったと思います。約3年間本当にありがとうございました。

■Y-SAPIXの良いと思うところ

授業が少人数制なので、生徒の進み具合に応じて、成績を向上させるには何をすべきかといった課題を、先生方から教えてもらえるところです。授業のテキストで十分に演習・復習ができたため、他の参考書がほとんど必要なかったことも助かりました。

■受験勉強を振り返ってみて感じたこと

国語や英語でたくさんの文章を精読し、問題の意図を探っていく中で、勉強面以外でも以前より明瞭に物事を考えられるようになったと思います。受験はつらくて苦しかったですが、一方でやりがいがあって楽しかったとも感じています。

■iClass(オンライン自宅受講)で授業を受けてみて良かったこと、感じたこと

校舎に通わなくて良い分、移動に要する体力と時間を節約して勉強に費やせたことが良かったです。また、先生方が生徒からの質問に対応する時間も十分に用意してくださっていたため、実際の教室で受ける授業と比較してデメリットを感じることも少なく、移動時間が苦手な私にはメリットの方が大きかったです。

■後輩へのメッセージ

私は高3の夏休みに受けた模試で初めて自分の勉強の目標と目的がわかるようになり、そこから志望校を見据えた勉強ができるようになりました。しかし、それは高1の頃から毎週の授業と復習を大切にすることで、基本的な内容をしっかりと身につけられていたからこそだと思います。自分が何をしたいのか、また何をすべきかが今はわからなくても、先生から教わることやアドバイスを信じて少しずつ積み重ねることを大切にしてください。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Y-SAPIXでは、大学受験情報を発信するため、様々な情報誌を制作しております。ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

大学受験 Y-SAPIX
難関大学の現役合格を目指す、高校生と中高一貫校に通う中学生のための進学塾、Y-SAPIX(ワイサピックス)です。 最新の大学入試情報などの大学受験に関わることや、大学紹介、勉強方法などを発信していきます。